モビット在籍確認の電話で転職がバレたらどうなるのか?

MENU

在籍確認の電話で転職がバレたらどうなるのか?

 
転職のタイミングで借入れをしたらモビットの場合は在籍確認の電話はどうなるのでしょうか?

この状況には色々なケースがあります。まず、これから契約先を探すという状況なら現在勤務先を持っているかどうかがポイントであり、もし勤務先があるならその情報を申込時に提出することになります。

 

別のケースとして、すでに契約をしている状態で増額などで在籍確認を受けた場合に転職をしている為、申込時の情報とは異なる情報だったという場合は金融会社から情報がおかしいことを指摘されます。

 

しかし、これはさほど問題ではありません。新しい勤務先の住所や電話番号を伝えて登録情報を更新すればよいだけなので、嘘をついてお金を借りているわけではありません。

 

在籍確認で注意しなければならないのは、新規申込でも増額申込でも嘘の申告をすることです。自分が過去に働いていた会社の情報を使ったり、架空の情報を作り上げるなど、こうして申し込みをすると最悪の場合は訴訟になることがあります。

 

基礎知識として、自分の収入に自信がない場合など別に嘘をつかなくてもしっかりと芯さに通ることは可能ですし、在籍確認が無い会社を利用したり、借入する金額を小さくするなどすれば在籍確認が無いこともあります。

当然ですが、大きな金額を借りる場合や他社で大きな借金を持っている場合など、収入の信頼性が重要となるので、やはり在籍確認を避けることは難しくなります。

少額の借入ならば、正直に申告しても簡単に借り先を見つけられるので覚えておくと良いです。